ビジネスネームの使い始めに適した日ってどんな日?

この記事は約5分で読めます。

こんにちは!開運ビジネスネーム作成の専門家@飛鳥宗佑(あすかそうすけ)です。当ブログにお越し頂き、ありがとうございます。運勢を変える開運ビジネスネーム作成なら専門家の飛鳥宗佑にお任せください!あなたの「なかなかビジネスネームが上手くできない」を解決し、あなたの運勢を良くします!作成依頼はこちらから!!⇒ビジネスネーム作成依頼

さて、先日ビジネスネームを作成した方からこんな質問を頂きました「最後にビジネスネームの使い始めに適した日を教えて頂けるとのことですが、どんな基準で日を選んでいるのですか?」とのこと。なるほど!確かにどんな基準で選んでいるのか気になりますよね。適当に「あ~この日がいいね!」など気分で選ばれていてはいけませんし、それなりの理由があって「この日!」をお伝えしています。

吉日の選び方

ビジネスネームを使い始めるのに適した日は、「擇日(たくじつ)」という手法を私は使っています。擇日とは、古くから中国や台湾で使われている選吉法で、

・十二建除と二十八宿
・陰陽五行、十干十二支

を使い、吉となる日、凶となる日を割り出します。十二建除と二十八宿で天体の動きを捉え、天体の動きが人体に与える影響、自然界にある十干十二支の働きが運勢に与える影響を加味し「この日はこんなことに向いている」「この日にこんなことをやると良くない」を割り出すのです。

吉日の例

擇日を使えば、

・新しく開業するのに良い日(開市)
・古いのを変えるのに良い日(除日)
・新しい看板や旗を出すのに適した日(豎旗掛匾)


を割り出すことができます。私は、ビジネスネーム作成が終わったあとお客様に、ビジネスネームを使い始めるのに適した日として、この3つのうちどれかを案内しています。

吉日の効果

以前ビジネスネーム作成が終わったお客様より伺ったお話ですが、「良い日でビジネスネームを使い始めてから小さな良いことが立て続けに起こっています」という連絡を頂きました。また、私も吉日を使い個人的な開運祈願に向いた日を選んで参拝に出かけますが、沢山の願いが叶っているように感じます。

体感としては、効果が早く現れるかなぁという感じはあります。早ければ翌日。ただし、当日には現れませんので、お気を付けください。例えば、会社の売り上げが酷く、4日後になんとかしなければいけないとしましょう。その4日後に「神様お願いします」と祈るのではなく、最低でも叶えてほしい日の前日までにはお願いをしましょう。

十干十二支を使った吉日の例

例えば年の十干十二支が「甲子の年」として、とある日が「己丑」の日だとしましょう。こんな日は、年の十干甲と日の十干己が合体(干合)する日で、「天地の極まる神なり」ということで、あらゆる凶を避け百事大吉とされています。また、とある月の干支が卯月だとして、とある日の干支が戌日だとしましょう。卯と戌は支合の関係にありますので、こんな日は干支と干支がくっついて離れないので、入籍や結婚の為の顔合わせに向いてる日となります。これらはあくまでもほんの一例ですが、こんな感じで十干十二支を使い吉日を割り出していきます。

大安吉日ではダメですか?

吉日の選び方として、大安や仏滅などの六曜(りくよう)がありますが、あれは気休め程度というかゲン担ぎ程度のもので、運勢に影響を与えるとまではいきませんので、無視して頂いて結構です。ということは、こんなことも言えます。仏滅でも擇日では大吉日となることがあります。六曜は気にしなくても大丈夫。

重要!!天赦日や一粒万倍は誰にとっても吉日ではない!!

吉日を選ぶ場合、気を付けなければいけないことがあります。それは、自分の生年支(生まれた年の干支)と冲・三殺に当たる日は避けなければいけないということです。これが結構知られていなくて、天の許しを得られる天赦日や、一粒万倍日が誰にとっても吉日という誤った情報が流れています。もう一度言いますが、生年支と冲・三殺に当たる日は吉日となりませんのでお気をつけ下さい。私は、そのような日を避けビジネスネームの使い始めに適した日を案内しています。参考記事:大安吉日、一粒万倍日、天赦日を吉日だと思っていませんか?

 

どうでしょうか?こんな感じでビジネスネームの使い始めに適した日を選んでいるんだというのが伝わったでしょうか?ビジネスネーム作成のスペシャリストは、姓名判断だけではなく、擇日という手法も使って吉日も案内しています。(ビジネスネーム作成のスタンダードコース、スペシャルコースでは開運名刺の作成方法も申し込み特典として無料で伝授しています)

※ビジネスネームの使い始めに適した日は、ライトコース、スタンダードコース、スペシャルコース全てのコースで申し込み特典として無料でご案内しています。

ビジネスネームの作成依頼はこちらから

 

◆この記事を書いた人
占い屋ホシゾラ代表飛鳥宗佑
占い屋ホシゾラ代表:飛鳥宗佑(あすかそうすけ)
1981年生まれ(39歳)本業は会社員ですが、自身も「飛鳥宗佑」というビジネスネームを使い副業をしています。占術:姓名判断、四柱推命、九星気学、擇日

※飛鳥宗佑としての活動形態は副業ですが、姓名判断の知識、ビジネスネームや屋号名作成、お子様の命名、姓名判断講座、その他鑑定や占いに対する姿勢はプロフェッショナルです。副業だからといって一切手抜きはしていません。どうぞ安心して申し込み下さい。そして、安心してプロにお任せ下さい。

ビジネスネーム作成 ビジネスネーム命名 ビジネスネーム姓名判断
私が言うより、お客様の意見(第三者の意見)の方があてになるでしょう。画像は、ビジネスネーム作成後、お客様から頂いたアンケートの回答の中にある感想から抜粋したものです。(2019年12月6日 東京都在住 M・S様 50代 女性の方 スペシャルコースをご利用)

・ビジネスネーム作成依頼への申し込みはこちらから!

・サービスに関するお問い合わせはこちらから!

 

2020年ビジネスネーム作成後頂いた評価&申し込みした方々の詳細
2020年にビジネスネーム作成後に頂いた評価の平均点と、申し込みした方の男女比、申し込みした理由などの詳細が書いています。

 

名前を変えたいが、そもそも代表取締役はビジネスネームを使えるのか?
新しいビジネスネームを立ち上げるにあたり「ビジネスネーム」を使おうと思っても、立場が「社長」であったり「代表取締役」である場合そもそもビジネスネームは使えるのか?という疑問が湧いてきませんか?本記事を読めば謎が解決されます。

 

ビジネスネーム作成後頂いたお客様の声
飛鳥宗佑がビジネスネームを作成した後、頂いたお客様の声を掲載しています。評価の平均点:4.88(5段階評価)、作成実績:253件(2021年7月1日現在)、沢山の方からご好評を頂いています。

 

ビジネスネーム作成価格の違い
この記事では、飛鳥宗佑のビジネスネーム作成価格と他のビジネスネーム作成価格を比較しています。他のビジネスネーム作成価格がいくらくらいなのか比較ができますので、価格で迷っている方は必見です。

 

ビジネスネームの例、こんなビジネスネームを作っていま。
ボツになったビジネスネーム案ですが「こんな感じのビジネスネームを作成しています」というビジネスネーム作成の例を10例ほど公開しています。この記事を読めば、「飛鳥さんってこんな感じのビジネスネームを作成しているんだ」が分かります。

 

ビジネスネームで開運!占い屋ホシゾラにはこんな人達がいます。
ビジネスネームで開運した方々をご紹介しています。仕事が増えた、痩せた、スカウトされた、年収が2000万円を超えた、ビジネスネームで本を出版、個人事業から法人登記などなど、占い屋ホシゾラで起こった実話を掲載しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました